平清水焼 青龍窯

平清水焼青龍窯のウェブサイト

〒990-2401 山形県山形市平清水50-1 
営業時間>9:00-18:00 第二・第四火曜定休
青龍窯について
seiryunaka11   

平清水焼の歴史
 平清水焼は山形市の東南、全山を松の木で覆われた千歳山の南麗に位置する平清水で興りました。
文化年間(1804~1818年)に同村の人丹羽治左衛門が他の土地から陶工を招き、千歳山の土をもって窯業を行ったのが始まりとされています。


青龍窯の歴史

 丹羽治左衛門の流れを汲む青龍窯は、明治初期に丹羽𠀋助を初代に開窯しました。
時代の変化の中で、磁器・陶器を造りつづける事で、昭和20年千歳山の原土に含まれている鉄分を活かした青瓷を創り出し「梨青瓷」と命名しました。
 現在は、四代目丹羽良知がこの伝統を受け継ぎ、今日では梨青瓷のみにとらわれず、「残雪」等を創り自由な釉調と土味を活かした作陶に精進しております。

特色
 地元の原土を用い、主に轆轤(ろくろ)成形による手作業によって製造を行っております。
釉薬は山形の雪景色を思わせる白色の《残雪》と、原土の鉄分を活かし梨地の様な風合いに仕上げた《梨青瓷》を特徴としております。(写真/上:残雪 下:梨青瓷)

ho111
ho121
作家紹介
   
seiryugama11     (写真/鉄釉線紋鉢)

   四代目窯主 
     丹羽 良知
 
 <陶 歴>
  昭和6年   山形県天童市に生まれる
  昭和25年  青龍窯四代目を継ぐ
  昭和35年  光風会工芸賞受賞
  昭和38年  光風会工芸賞受賞
  昭和50年  岩手県陸前高田市にて初個展
  昭和53年~ 日本伝統工芸展連続入選(11回)
  昭和55年~ 東京他、東北各地にて個展
  昭和56年~ 日本工芸会正会員になる(H28年現在退会)
  平成3年~平成9年
        東北芸術工科大学 陶芸非常勤講師
 ≪その他≫
 ・河北工芸展招待作家 
 ・米国コレクション現代日本陶芸展出品(NY日本協会)
 ・NHKやきもの探訪展98出品
 ・毎日ビデオ「昭和生れの現代茶陶九十人」に収録
 ・NHK「やきもの探訪」出演 等